手の老化を防ぐアンチエイジング・ケア

BODY

日々、休む事なく、私たちをサポートし、働きつづけてくれる手。水に触れる事が多いので、老化のサインが出やすい場所です。

女性なら、いつまでもつやつやで、ふっくらとした若々しい手でいたいもの。

加齢による自然の流れの中で、ハリが失われ、皮膚が薄くなり、血管が浮き出てくる手の甲を目の当たりにするのは、急に、歳をとったみたいで、とっても悲しくなります。

手の老化が目立つのは

  • 手の甲のふんわり感が失せ、骨っぽい手
  • 青い血管が浮き出た痩せた手
  • シワやシミの目立つハリやツヤの消えた手

老化を止めることはできなくても、日々、ほんの少しの注意をする事で、若々しい手の美しさを維持する事はできますよ。

日々のお手入れ

食器洗いにゴム手袋をするのは当然ですが、お花のお手入れ、テーブルを拭くとき、お部屋のお掃除、食材の下準備など、お水や洗剤に触れる作業をする時には、使い捨ての、薄手サージカルグラブをつかっています。洗剤に含まれる汚れ落としの成分、界面活性剤は脱脂力が強く、肌にダメージを与えるので注意が必要です。

お湯の温度にもこころ使いが必要。食器洗いに高温を使う方が多いのですが、高温のお湯は、皮膚のうるおいに必要な皮脂まで落としてしまい、手のしわの原因になる乾燥や手荒れをひどくしてしまうリスクがあるので、ぬるま湯を使いましょう。

水に直接触れる時。手を洗った後、洗顔の後、入浴の後には、しっかりと水気を柔らかなタオルで拭き取り、ボディーローションやハンドクリームで大切な体や手の肌を守ります

こんな小さな日々のこころ使いで、手の潤いをかなり守る事ができます。

ボディー・クリームやハンド・クリームをあらゆる場所に

キッチンテーブルの上、洗面所、バスルーム。水を使う場所には、保湿ボディー・ローションを置いて、水仕事の後には両手だけでなく、腕・肘までボディー・ローションをつけます。

入浴後やシャワーの後には、指先から肘、腕の付け根に向けて、保湿ボディーローションを塗りながらマッサージ。

足も同様に。足の指先・指の間を、保湿ボディーローションを塗りながらマッサージ。足の甲と裏。足首。ふくらはぎ。膝。太もも。お尻。下から上に向けて保湿ボディーローションを塗りながらマッサージしてゆきます。

寝室のベッドサイド・テーブル、書斎の脇机の上には、上質のアンチエイジング・ハンドクリーム。指先が渇いたり、キー・ボードを打つ、両手の老いの表情が気になったら、ハンドクリームでマッサージ。ちょっと、休憩しながら、手の甲のふっくら感を取り戻しています。

ハンドマッサージのやり方

  1. 手の平に、ハンドクリームを適量出し、両手のひらを軽く合わせる
  2. 手の平で反対の手の甲を、やさしく押しながらクリームをなじませまる
  3. 指を組み、指の間を軽く刺激。やさしく、上下に滑らせ、指と指の間にもクリームを
  4. 指先や爪周りに親指の腹で揉み込むようにエイジングケアハンドクリームを行き渡らせる
  5. 手の平で、反対の手の平から手首へクリームを抑え、塗り込んで行く

指先を揉むことで、冷えやすい指先の血行をよくする効果も期待できます

ふっくら感を取り戻す優れもの。老け手に効くハンドピュレナ!

ふと自分の手を見つめると「老けたわ~」と感じた事がありませんか?

40代にはいり、薄くなった皮膚、浮き出る血管、シミやシワが増え、何だか、急に、老け込んだ気分で、思わず、手を隠してしまう。

ハンドピュレナは、見た目は普通のハンドクリームでも、保湿を目的とした普通のハンドクリームとは、成分が全く異なり、手肌の角質層にハリを与え、角質層からふっくらとした感覚を作り出すアンチエイジング効果の高いハンドクリームです。1日2回、出勤前と、就寝前に使っています。

使っているうちに ふっくら感を取り戻せる優れもの『老け手専門ハンドクリーム』がこちら


ハンドピュレナは、通販サイトではまだ取り扱われていないようです。現在、最も、魅力あるお値段で購入することができるのは、公式サイトです。

公式サイトでは通常価格3300円から、割引価格で購入可能となります。

  • 年間コース:1本あたり2680円(税別)
  • 基本コース :1本あたり2805円 (税別)
  • お試し価格:1本あたり2970円(税別)

特にお試し価格での購入は、購入回数の縛りがなく、全額返金保証もあるので、初めて購入する方にオススメです。

あなたの手をふっくらハリのある若々しい手へ導く『ハンドピュレナ』

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

あなたの手、見られていますよ!

年齢は驚くほど手に現れてしまいます。
理想的な若々しい印象の手を目指すために・・・
『老け手に特化したハンドピュレナ。こちらの公式サイトがお買得です。

・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

ネイル・ケア

マニュキアやべディキュアの付けっぱなしはNG! 週に1日位は爪を休ませ、ハンドクリームでマッサージ。爪の健康を守り、手の若々しさを維持しましょう。

爪と爪の周囲の皮膚にも、日々のハンドクリーム・ケアをしっかりしてくださいね。

紫外線が手の老化を早めます

肌のハリを守るコラーゲンやエラスチン。20代後半からコラーゲンは減少するのですが、紫外線のダメージを受ける事で、肌の老化を早めるのは、手足の肌も同じです。

強い紫外線をあびると、メラニン色素がつくられ、シミの原因となります。運転やレジャーを楽しむ時には、ぜひ、UV手袋を使ってください。

指先の自由が欲しいので、手の甲をカバーするタイプのUV手袋でOKです。シミが出やすいのは手の甲部分なのですから、このタイプで十分効果があります。ファッション性のある商品が多く、トータル・ファッションとして選ぶ。こんな楽しみも増えます!

手首の体操が血行をアップ

手肌の血行不良は、肌の新陳代謝がスムースに行われず、手の老化の原因になります。手の肌の血行を促進するための体操をご紹介しますね。

血行不良改善には、ぬるめのお風呂にゆったりつかったり、全身運動も効果がありますが、私たちの手は、心臓から遠い末端に位置するので、血流をアップするために、意識して、手首を動かす習慣が手の若さを維持し、血行をアップから、手の疲れをとってくれますよ。

やり方です!

  1. 両手を、胸の前で軽く組みます。
  2. 指や手首の力を抜き、手首を前方に、くるくる軽く円を描く様に回します。
  3. 次いで、胸の方に、同様に軽く回して、手首の体操をします。
  4. 血行をアップし、手の疲れをとってくれますよ。

ハンド・ドライヤーはNGです!

最近、よく見かける温風ハンド・ドライヤー。ハンカチなしで済むので、確かに便利なのですが、肌の潤いを奪ってしまうので注意が必要です。面倒でも、1枚のハンカチが大切なあなたの手を守ってくれますよ。

体の内側からピュアウォーターで水分を補給

体の中に取り入れる大切なお水。宅配していただいても、お水のボトルは重いので、キッチンまで運ぶのが負担になっていました。

日本ではお風呂が上がりは、髪も肌もしっとり。汗が引いてからゆっくりと、基礎化粧品を使えるのは、軟水のミネラルバランスが、人体のミネラルバランスに近く、軟水がお肌にとても優しいからです。シャンプーや洗顔には軟水。体内への吸収が良く、飲料水としても、やはり、軟水がおススメです。

女性が使い易いウォーターサーバーを徹底比較。健康を支える大切なお水。
水は、私たちが生きていく上で、欠かせない大切な命の泉。日本は、安心して水道水が飲める数少ない国。恵まれた地質条件から、良質の軟水が豊富で、とても、幸せな環境にあります。 天然水が好きで、宅配していただいてますが、その重さが結構負担にな...

安心・おいしい・飲み易いにポイントをおいて、女性が使い易いウォーターサーバーをリサーチしました。詳細は、上記記事をご覧ください。

まとめ

水を使った後の保湿ケア。レジャーや旅行を楽しむ時の紫外線ケアなど、10代や20代から、生活習慣として、手のケアを取り入れる様にしたいものです。

とはいえ、何歳になっても、遅くはありませんので、年間を通した紫外線対策、家事の水仕事や洗剤への注意、手洗いや入浴に際しての保湿ケアも、日々の生活の一部として一年を通じ、しっかり、習慣化してしまいましょう。

綺麗で美味しいお水を、体の内側から補給しながら、今のご自身にあったボディーローションとハンドクリーム。これをお自宅やオフィスのあらゆる場所と、ハンドバックの中に常備し、外からも保湿を図って、若々しい両手をいつまでも保ってゆきましょうね。

タイトルとURLをコピーしました